2018-09-07

カレーとなまこ

あのなまこ先生が皆さんにカレーなる1日をお届けします!

EVENT

  SHIBUYA店


先日飲食店の情報webサイトぐるなびが、小学生の子供を持つ親を対象に「あなたの子供が好きな食べ物はなんですか?」というアンケート調査を行いました。
昭和生まれと平成生まれに分けアンケートを行ったのですが、1位はどちらの世代でも一緒でした。

そうです、カレーです。

小学生の頃は給食の時間が待ちきれませんでした。給食でカレーの出る日は4時間目位になってくるとカレーの匂いがしてきて、授業どころでは無かったのをよく覚えています。皆んなお代わりがしたいので、給食係が皆んなにつぐカレーの量でよくケチをつけられていました。
大人になってからもそうですが、僕は今までカレーが嫌いという人に会った事がありません。辛口がいいや、甘口がいいなど逆に各々がこだわりを持っているくらいです。
最近美味しいカレーっていつ食べましたか?
あの美味しいものを食べた時のビクッとする感覚、最近いつカレーで味わいましたか?
味わえていない方是非WISE OWL HOSTELS SHIBUYAにいらして下さい。
今までも皆さんの舌をしっかりと掴んで中々離してくれなかったなまこ先生が今回はカレーで皆さんの舌を虜にします。
そんななまこ先生を今回サポートしてくれるのが、スパイス研究家の遠井 香芳里さん。スパイスに関して書いた著者が出版後1週間でAmazonで売り切れになるという物凄く心強い助っ人がカレーに彩りを添えます。

略歴
埼玉の老舗料亭の娘として生まれる。元来「食」に興味があり、上智大学、女子栄養大学にて海外の文化や食文化に触れ、食品系の会社に就職を決意。入社まであと2か月というときに大雪での転倒事故で左膝を粉砕。緊急手術の際に医師から「持病の小児喘息が、服用していた薬の副作用でもう一生治らない。今後手術の際に死に直結するかもしれない」ことを告げられる。それを聞き「薬(西洋医学)がだめならば体の中から食事でなんとかするしかない」と思い立ち、漫画で偶然存在を知っていた「スパイスと薬膳」を猛勉強。そのうちに「掘れば掘るほど謎と歴史が深まる」その未知の世界にはまり没頭。マイナスイメージを持たれがちなスパイスの素晴らしさ、美味しさを広めるための活動を始める。これまで毎月平均約10回の料理会やスイーツ会や公民館でのスパイス講座、薬膳ワイン講座、関西でのオリジナルスパイスティーの販売など活動は多岐にわたる。美味しいものを食べた時のあの幸福感をお忘れのあなた、9/16日にWOHSでお待ちしております。

場所 WISE OWL HOSTELS SHIBUYA
時間 12:00~

※当日は4,5種類のカレーの他におつまみやサラダもご用意しております。
また、瓶ビールからハイボール、ワインにモヒートまで数多くのお酒をご用意しております。(ソフトドリンクのご用意もございます)
※当日は現金のみのお取り扱いになりますのでご了承下さいませ

©2018- WISE OWL

▲