2018-06-20

ホステルで感じる、時間の上手な使い方

今年もあと4,800時間。皆さんは今年、どんな時間の使い方をしましたか?

BLOG

  SHIBUYA店


皆さんこんにちは!WISE OWL HOSTELS SHIBUYA(以下WOHS)スタッフのスエです!
1年とは早いもので、2018年ももう残り半年ですね。梅雨が終わり夏本番になったら、すぐにコートが必要になり、クリスマスが来て、気が付けば2019年・・!!
時間は有効に使わないとな・・と肝に銘じる今日この頃です。
皆さんはどうでしょう。時間を上手に使えていると思いますか?
自分自身を変える時間の使い方、してますか?

WOHSを利用するゲストの時間の使い方も様々です。
2ヶ月間長期滞在してのんびり過ごす人、短い滞在で動きまわる人、毎晩クラブに出かける人、毎朝早くにどこかへ出かける人・・・。挙げれば切りがありません。

WOHSで働いているとよく“旅は人を変える”と感じます。
今まで見たことがなかったものを見て、知らない人と話し、触れたことのないものに触れ、初めて見る料理を口にする。全てが新鮮で興味深く、その人の幅を広げます。
多国籍の人が集まり、色んな価値観と文化が混ざり合っているWOHSにいると、常に非日常感を味わわせてくれます。色んな出会いが生まれています。旅慣れたバックパッカー達からは優しさ、そして何事が起きても動じない逞しさ(ある意味図太さ)すら漂ってきています。
彼らのように、限りなくある時間の使い方の中で“旅行”に時間を使うのは、最も賢い時間の使い方の1つだと思います。

僕は以前に、旅行前に仕事を辞めてきたアメリカ人のゲストにこんな事を言われました。
“日本人は働きすぎだね”
果たしてそうなのだろうかと疑問に思った僕は早速世界の平均年間労働時間について調べてみました。そうすると、上位かと思いきや、なんと日本は多い方から15番目だったのです。(ちなみに1位はメキシコ、2位は韓国でした)
少し拍子抜けでした。世界的に見て日本人は働きすぎというイメージがあるのに実際はそうでもなかったのです。ではなぜそんなイメージが?
もしかすると、日本の企業は長期休暇が取りにくく、休みであっても家で仕事したり・・。オン、オフの切り替えがうまくできていない、常に働いているような意識、顔をしているからではないでしょうか。
ましてやホステルに来るバックパッカーのような旅なんで、そうそうできてないですよね。

最近疲れが抜けない、何もかも上手くいかない、自分っていったい何?
なんて思っているあなた! さあ、仕事のことは全て忘れてカバン1つで旅に出かけましょう。今抱えている疑問や不安がすべてちっぽけに感じるはずです。
そんな急には行けないよと思われている方、ではまずWOHSにいらして下さい。
旅好きのスタッフと旅慣れたゲストが皆さんのお話し相手になり、旅行することの素晴らしさをお伝えします。チェックアウトする頃には“私のパスポートの有効期限はいつまでだったかな?”と考えているはずです。
さぁ旅に出かけましょう!

©2018- WISE OWL

▲